機能樹脂

東邦化成の導電性フッ素樹脂(TRCシリーズ)イメージ

導電性フッ素樹脂(TRCシリーズ)

導電性とクリーン性という相反する性能を特殊技術で実現しました

絶縁性が高いフッ素樹脂に導電性を付与し、かつ、フッ素樹脂の特徴であるクリーン性能や耐薬品性能も変わらない製品を開発。
特に東邦化成が得意とするPCTFE樹脂に対しては、世界で初めて安定した導電性付与を実現しました。
今まで実現不可能と思われていた静電気問題をCNTフッ素樹脂(TRCシリーズ)にて解決いたします。

TRC(TOHO Resistivity Control)シリーズとは

特長

  1. 安定した電気特性
    CNT(カーボンナノチューブ)をフッ素樹脂に均一分散させることで、体積抵抗率のバラつきが少ない安定した導電性能を実現。
  2. 低金属溶出
    極少量添加(1%以下)で導電性能を発揮するため、従来の導電性フッ素樹脂材料で課題の1つである金属溶出問題を解決。
    CNT無添加のフッ素樹脂と同等の金属溶出レベルを実現する事で、極めて高い清浄度が求められる用途にも対応。
  3. 高耐薬品性
    フッ素樹脂の特徴である耐薬品性を維持する事で、強酸や強アルカリといった厳しい使用環境にも対応。
導電性フッ素樹脂(TRCシリーズ)
導電性フッ素樹脂(TRCシリーズ)

ラインナップ

  • トーフロン TRC-Cシリーズ【PCTFE樹脂】
    トーフロン TRC-Cシリーズ【PCTFE樹脂】

    PCTFE樹脂に初めて機能性を付与(帯電防止・導電性)
    部品設計に関わる機械的特性の低下無し
    金属溶出は0.1ppb以下(金属系17元素)

  • トーフロン TRC-Mシリーズ【変性PTFE樹脂(mPTFE樹脂)】
    トーフロン TRC-Mシリーズ【変性PTFE樹脂(mPTFE樹脂)】

    半導体・薬供関連で実績の多い変性PTFEに導電性を付与
    導電材添加による溶接強度の低下無し
    ナチュラルの変性PTFEと変わらない耐薬品性を実現
    金属溶出は0.2ppb以下 (金属系17元素)

  • トーフロン TRC-Pシリーズ【PTFE樹脂】
    従来の導電性PTFE樹脂よりも低体積抵抗率を実現
    PTFEが備える優れた耐薬品性と低金属溶出(クリーン性)を持続(金属系17元素)

製品紹介

各種性能評価

導電材添加率別 体積抵抗率推移
導電材添加率別 体積抵抗率推移グラフ
金属溶出
単位:ng/mL(ppb)
測定元素
Al Ca Fe Mg Na Ni Zn
PCTFE ナチュラル 7日間
(168時間)
0.04 0.04 0.13 0.01 <0.01 <0.01 <0.01
PCTFE TRC-C100
(100~103Ωcm)
7日間
(168時間)
0.02 0.03 0.08 0.01 0.03 0.03 0.02
変性PTFE TRC-M110
(101~104Ωcm)
7日間
(168時間)
0.14 0.06 0.08 0.04 0.01 <0.01 <0.01
【比較】
PFA/カーボンファイバー系
帯電防止・導電性材料
7日間
(168時間)
2.10 2.10 2.60 0.22 0.66 <0.01 <0.01
東邦化成管理基準 0.50 5.00 5.00 0.20 0.50 5.00 0.50

検出限界以下 K < 0.05 / Ti < 0.04 / Cr,Cu < 0.03 / Cd,Li < 0.01 / Co,Mn < 0.005 / Ag < 0.003 / Pb < 0.002

耐薬性
有機系 酸系 塩基系
IPA シンナー 塩酸
(37%)
SC-2※1 リン酸 SPM※2 SC-1※3 アンモニア
(28%)
PCTFE TRC-C100
(100~103Ωcm)
7日後
(168時間)
変性PTFE TRC-M110
(101~104Ωcm)
7日後
(168時間)
【比較】
PFA/カーボンファイバー系
帯電防止・導電性材料
7日後
(168時間)
× ×
【比較】
PTFE/グラファイト系
帯電防止・導電性材料
7日後
(168時間)
【比較】
PTFE/カーボンファイバー系
帯電防止・導電性材料
7日後
(168時間)

※1 HCl:H2O2:DIW=1:1:5

※2 H2SO4:H2O2=3:2

※3 NH3:H2O2:DIW=1:1:5

想定使用用途

TRCの想定使用用途
  1. 回転機構部、屈曲などの駆動部材
    「気体」「液体」の駆動による摩擦帯電が発生する部品
  2. 気液流体分
    流速を落とさないと帯電してしまう配管部位、液体が帯電してしまうと均一塗布できないノズル部位
  3. 金属代替
    従来は金属で対応していたが、よりクリーン度が求められ樹脂化が必要な部位